〒481-0033 愛知県北名古屋市西之保立石3
tel.0568-26-7122
 

 

アレルギー治療

アレルギー結膜炎とは?

花粉や住まいの中にあるほこりが原因となって起こる目のアレルギーの事を言います。
これらの原因物質をアレルゲンと呼びますが、特に住まいの中にあるほこりを、専門的にはハウスダストと呼んでいます。

最近では、このハウスダストによるアレルギー患者が急増しています。
花粉には季節性がありますが、ハウスダストは1年中室内にある為、いつ病気になってもおかしくありません。

従ってこのアレルギーを「通年性アレルギー」と呼び、花粉症と区別しています。
結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で、涙等でいつもぬれています。
ですから、ハウスダストや花粉がくっつきやすく、アレルギーが起こりやすいのです。
 

症状

アレルギー性結膜炎の症状は、まず目やまぶたがかゆくなります。目をこすったり、かいたりしていると次第に痛みが加わり、目がゴロゴロした感じになります。そしてそのまま放っておくと結膜が充血して、まぶたが腫れてきます。更に症状が悪化すると、透明な角膜の周辺が赤紫色になって、結膜にゼリー状の目やにが出てきます。

この様な症状になると大変です。まず、かゆい段階ですぐに眼科医を訪れて下さい。

なお、すでに述べた様にアレルギー性疾患は目だけにとどまりません。
鼻炎、気管支喘息など身体の至る所に様々な症状が出ます。鼻炎と結膜炎が一緒に症状として出る事もありますから、おかしいと思ったらすぐに医師に相談する事が肝心です。
 

治療法

アレルギー性結膜炎の治療には、抗アレルギー点眼薬が良く使われます。抗アレルギー点眼薬にはヒスタミンH1拮抗点眼薬とメディエーター遊離抑制点眼薬の2種類があります。
 
ヒスタミンH1拮抗点眼薬はかゆみを引き起こすヒスタミンの作用を直接阻止するので、主にかゆみの強い時に処方されます。
 
メディエーター遊離抑制点眼薬はヒスタミンなどを増やさない様にする作用がありますが、効果が現れるまで2週間位かかる為、症状が現れる前から使い始める事があります。
 
抗アレルギー点眼薬は比較的副作用の少ない薬です。
使用中は勝手に中断する事なく医師の指示に従って使う事が大切です。
また、重症になると副腎皮質ホルモン(ステロイド)点眼薬が用いられます。
この薬は作用が強く良く効きますが、副作用もありますので、医師の指示に従って下さい。

 

アレルギー性結膜炎にならないために

・まめに掃除をしましょう。
・部屋の通風を心掛けましょう。
・晴れた日は布団を干しましょう。
・早寝早起きをして生活のリズムを整えましょう。
・食事ではバランス良く栄養を摂りましょう。
・コーヒ、タバコ、香辛料などの刺激物は控えましょう。
・ファストフード、加工食品を取り過ぎない様にしましょう。
・適度に運動をしましょう。
・ストレスをためない様にしましょう。
・医師の指示に従って適切な薬物療法を行ないましょう。